*peridot
「うえきの法則」全般(アニメ版/漫画版)の感想ブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年2・3号「第23話・幸せ(ラッキー)な事」
2006年12月13日 (水) 23:59 | 編集
 水曜日は荷物を少なめにして出かけます。だってサンデーってかさばるから。
 そんな日々が戻ってきた幸せを噛みしめつつ。

 今週号の表紙、デフォルメキャラの可愛さもさることながら、右側の植木がやたら気に入ってしまいました。ものっすごいデフォルメの効いた体型とポーズなんだけれど、見ていて何だか気持ちいい。一枚絵として見ることが出来てしまう。
 基本の「重心」をきちんと一本のラインで取っているからでしょうか。
 絵柄の不安定さは、先週よりは感じられず。たぶん目が慣れたせいというのもあるのでしょうが、休載前の試行錯誤っぷり(それも堪能していましたが)に比べたら、よほど安定しているかと。

 それと、植木の笑顔をビャクが評して「また、その笑顔か」と言った台詞。ビャクの葛藤をあらわしつつも、この笑顔が植木の最大の(物語内でも、作品そのものにおいても)武器なのだと、提示しているのではないかと思えました。
 いわゆる「決め」の絵を、意識して描き、なおかつ確かに「決まって」いる。茶化して逃げず、陶酔し過ぎず、良バランスで。
 多分これが、私が「うえきの法則」という漫画を気に入っている、一番の理由というか原因というか……コアの部分なのだろうなあ。

 前半は植木とビャクの対峙。植木の、読み手にも一度ならず思わせる、自分の身をかえりみない言動についての疑問を、ビャクの口から語らせ。
 ここでちょっとビャクと、プラス第一話の森あいがかぶって見えてしまいました。植木の行動に感じる苛立ちの源泉は、この二人、同じものなのではないかと。
 さらにはビャクの抱える事情が垣間見せられて、以前に感じていた、ひたすら邪悪な相容れない存在とはほど遠くなってしまいましたが、この先いったいどういった配置に就くのか、気になります。

 後半は、仲間というキィ・ワードのみ引き継いで、ハイジ&ソラV.S.ボンバ&トリートへと。
 ここはもうひたすら楽しかった。無印時代から定評のある(?)ページをめくった見開きごとに押していく、展開を畳み掛けていく技が効いていて。悪ボンバというか「"ヅラ"に"悪"を加える能力」には笑ってしまったし、その前のページのハイジの台詞「敵がイイ奴なんてヒキョウだぜ!!」もツボに入ったし。
 そしてボンバ瞬殺見開きページのハイジが、泣いてるのも、ちょっと良かったです、ハイ。今ひとつ掴みにくかったハイジのキャラが、どんどん立ってるなーと思ったり。

 引きはトリート。やたら可愛いけど不敵な表情に、次回のバトルが楽しみ。
 って、次のサンデーは12/27発売か……。
 いや遠くないですよ別に。一年待ったんだし別に。
 ……ごめんなさいやっぱり遠いです二週間後……。

(巻末の作者コメント:Q.つい顔がほころぶ、今年の一番の思い出は何ですか? A.またこの仕事が始められた事です。)

 ファンにとっても、この質問の答えは、ひとつです。
 あ、でももうひとつあるかな。アニメが素敵な出来で最終回を迎え、完結してくれたこと。
スポンサーサイト
2007年1号「第22話・植木の覚悟」
2006年12月06日 (水) 21:42 | 編集
 駅の売店にて、朝。植木が表紙にいるサンデーが目に飛び込んで来た瞬間、心臓が痛くなりました、なぜだか。
 ああ、本当に帰って来てくれたんだなあ。
 感慨とともに。

 全体の印象としては、肩の力が抜けた感じがそこかしこに見られる……ような?
 まずは、カラー。サンデー表紙の植木の表情といい、見開き扉の色合いといい、濃い色を多用してコントラストがくっきりとしていた休載前と比べると、パステルカラーが多く用いられて軽やかで明るい雰囲気。
 モノクロページについては、福地節な大胆パース、長い長?いそして細い手足は健在ながら、やはり全体に印象が明るくなっているような。若干不安定な感は否めませんが、一触即発な危うさというわけではなく、たとえ崩れてもアハハーやっちゃったなーで済むというか何というか(意味が伝わると良いのですが……意味不明ですかそうですよねスミマセン)。
 キャラクターの表情が、みな、のびのびして見えたのが何よりも嬉しかった。

 改めて思い返してみると、如何に以前は張りつめた空気に支配されていたのかが、浮き彫りになる気がします。
 カラーのみならず、モノトーンのページもコントラストが強く、また肉体的にも精神的にも痛い場面の多かった当時。
 追い詰めて、追い詰められる応酬から、一歩脱け出たという感じを強く抱きます。

 それが何よりも顕著にあらわれていたのが、植木の決断、崖から踏み出すシーンの、最大級の笑顔ではないかと。

 ラストページ、植木の手を掴んだビャクの、険しくありながら迷いを含んだ表情もまた、見逃せず。

 長いブランクを意識しての若干の説明調(この漫画の特性でもありますが)や、トリートがビャクとの出逢いを語る場面、ハイジ達とのやりとりなどには、若干のぎこちなさもありますが、これからきっと加速して行くという予感も充分に持たせてくれている。
 小さな遊び心も復活して、女の子の可愛さは変わらず(笑)、植木やハイジの恰好良さもさらにパワーアップして、魅せてくれると。

 信じています。
 毎週、水曜日を起点に考える日々が、また始まります。

(巻末の作者コメント:一年もお待たせしてスミマセンでした。一生懸命ガンバリマス!!)

 巻末コメントもですが、WEBサンデー内のまんが家BACKSTAGEが素晴らしい。笑えて泣けて、今後が楽しみに。いまどきの都内のマンションで隣へ引越し挨拶に行こうとする福地先生が、律儀で、素敵。
45号「第21話・植木の仲間」
2005年10月05日 (水) 23:59 | 編集
 久しぶりに……本当に久しぶりに、サンデー誌上で「うえきの法則 プラス」を読める幸せ。
 二週間の休載は辛かったです。待つのも辛いけれど、福地先生が心配という点においても。いっそ千羽鶴でも作って待とうかと(いやそれ却ってプレッシャーだから)。
 しかし、不穏なことに、WEBサンデーの次週予告にタイトルが入っていなかったり、します。
 サンデー上での次号予告にはちゃんと載っているけれど、WEBサンデーのほうが情報は新しいだろうから、それはつまり……?

 まあ、来週のことは来週、考えよう……。
 楽しいこともありますよ、うん。応募者全員サービス、再び!
 うえきの法則&プラス2006カレンダーです!
 告知をちょいとまとめてみましょう。

 45号?48号連続企画(一冊でもサンデーを購入すれば応募可能)/「うえきの法則」「うえきの法則プラス」からイラスト再録/壁掛け用B4サイズ/二ヶ月=1枚、全6枚+表紙/応募者負担額750円(郵便振替料込)
 1・2月「うえきの法則 プラス」第一話表紙
 3・4月「うえきの法則」第66話表紙(コミックス7巻収録)
 5・6月「うえきの法則」コミックス第16巻表紙
 7・8月「うえきの法則」コミックス第14巻表紙
 9・10月「うえきの法則 プラス」サンデー29号表紙
 11・12月「うえきの法則」コミックス第12巻表紙


 表紙はあちこちのカラーイラストから各キャラクターを切り貼りしたものらしいです。変更の可能性もありそうですが。
 とりあえず16巻表紙がある時点でおなかいっぱい。たっぷり四回のチャンス、全部申し込みますよ勿論ふふふふふ。
 ……どうでもいいけど、前回の全員サービスは、いつ届くんだろう。

 さてさて、本編。
 とても気になっていたあの引きを、ストレートに受け止め、回答を出した今回でした。
 二週の開きも何のその、の熱いお話。

 ちょいと、語ってみます。
 プラスになってから、コマ割りや構図の取り方に実験的なものを感じたり、また丁寧さに感じ入ったりしていました。
 ほんのちょっとしたコマからの人物のはみ出させ方、タチキリの使い方、視点の置き方。些細な部分ではありますが、こだわりの感じられる画面になっています。
 最上の位置を探してカメラワークがくるくると動き回るので、読み手が視点を定めることが出来ず、時には読みにくく感じてしまうこともありますが、それもひっくるめて味わい尽くしてこそ。

 ちなみに最近、福地先生が辛そうだなぁと感じてしまうのは、そういった煮詰める作業の中で、おそらく遊びの部分の入り込む余地が減っていることではないかと思ったりするのですが……それはさておき。

 今週号の話も、しみじみと眺めていると、かなり苦心されているように思えます。ことに前半、バトル中の細かな動きのやりとりや、人物の位置描写等に。
 そのへんを練り込んでいる為に、どうしてもスローペースになってしまうのかなあと、つらつらと考えました。推測というか、むしろ妄想でしかありませんが。

 あるいは、理想とするところが高いからこそ、難産になるのでは……と。
 信者アイが入っているのは承知の上ですが、今回の出来を見ても、そう思えてくるわけで。

 前半のしんどそうなコマ運びからうってかわって、後半の植木とビャクの対面するする場面、独白にも似た植木の台詞から始まる会話のシーンは、見開きページまでの流れが素晴らしく、息を呑んで読み進めました。
 ことに見開きページは、プラス開始以来、個人的には最高の名場面。
 植木の瞳が、力強い。このうえもなく。

 そして、ここで植木の出した答え。
 抽象的で、理想論に近かった無印でのバトル中の問答に比べて、より身近で、けれどそれゆえにすんなりと感情を込めることのできる言葉。

 「ただ一緒にいるだけで」、それだけで、と。

 この台詞の前後、植木が本当に良い表情をしていて、純粋に表情に感動してしまいました。
 同時に、なにかいろいろなものが洗い流されたような気がして。

 無印序盤での、つかみどころの無さもすべてからめた上で「植木耕助」というキャラクターに筋を通す。
 今、為されているのは、それなのだと。

 ……見守ります。着地点まで。
 このエピソードの完結か、あるいは「プラス」、ひいては「うえきの法則」の完結まで持っていくか。わからないけれど。

(巻末の作者コメント:先日久しぶりに実家に戻りました。犬が元気なかった。)
 正直、犬もですが福地先生の元気のほうが気になる一読者です……読者に出来ることって、何か無いのかなー。うううううむ(悩)
42号「第20話・ビャクの能力」
2005年09月14日 (水) 23:59 | 編集
 現在、少々テンションの低い生活をしております。そんな生活にささやかな彩りを添えるのが、月曜日のアニメ「うえきの法則」放映と、水曜日の「うえきの法則 プラス」掲載サンデー発売。
 しかし今日はテンション低すぎて、というか心身ともに絶不調で、サンデーを買いに行ったのが夜の11時という……ゆえに感想書きも日付を越えてしまい。
 うーん、もうちょっと頑張らないと。だらだらしすぎです。

 で、読んでみて、なぜにこれを読むのを遅らせてしまったんだー! と悔やみました。いやもう、面白かった。植木が格好良かった。ビャクが怖かった。突きつけられた命題の重さに、ぞくぞくしました。
 先週の感想で「仲間を救う」というテーマに迫るのでは、と書きましたが、予想を超えた展開で、驚かされつつ嬉しく。もっと本質的な「仲間とは何か」について、切り込んでいくとは。

 少年マンガではお手軽に扱われる「友情」や「仲間」という言葉ですが、作中でそれなりに定義づけをしてくれないと、読み手の感情移入を阻害することとなります。この場合の定義は、つまりは作中の人物の行動規範と同義かと思いますが。

 今週の「うえき」を読んで、思い出したことがあります。
 昔、知り合いが「自分にとってなんらかのプラスになる人間以外とは付き合わない」と公言していまして。
 もちろん損得の問題だけではなく、単純に一緒に居て楽しいとか、そういうものも含めてのことらしかったですが、一瞬ギクリとしたものでした。

 何を求め、何を与えるか。もしくは、何を認め、見出すか。互いに、高めあっていくために。

 ちなみに「うえきの法則」無印のほう(神器編)では、9巻で植木がロベルトに己の正義について宣言する場面。ここで、植木が森あい・佐野・鈴子・テンコに見出したものについて、はっきりと語られています。
 ……っていうか、実の所、今、思い当たったんですが。ここが該当しているのだということに。
 ああ、そうか。だから9巻のあの場面が好きでしょうがないんだな、私。

 閑話休題。
 理屈はともあれ、「プラス」における植木の仲間への想い・処し方がここではっきりと確立されるのは、今後読み進めるにあたって重要かつ有り難いことです。正直ここまでは、コンピュータRPG的な「なかまあつめ」の雰囲気も若干ありましたから。
 ビャクとどのように論じあい、どういった結論を出していくのか。それと同時に、描写からビャク自身も抱えていると推察される「仲間」へのトラウマが、どのように明らかになり、解消されていくのか。
 ぞくぞく。楽しみです。

 それにしても植木の怪我率、高いな……。思い返せば以前から流血の多い奴ではありましたが、福地先生の絵が磨かれるに従って、痛そうな描写の「痛そう度」も上がっているので、見ていてしんどい。っていうか鋏で刺されるって怖すぎですから!
 そうそう、幾度かの休載を挟んで、絵や演出のクオリティも持ち直しているような気がします。今週は久しぶりに、例の、「これまでの福地絵パターンに無い表情のつけ方」があって、うっとり幸せ気分に。
 そんなわけで今週のベストショットは、最後のページ、最後のコマの植木の表情に。その2ページ前の植木のアップも捨てがたいし、ビャクも植木も凄く良い表情・良い場面がたくさんありましたが、前述の基準が最も大事なので。

 漫画家って、自分が得意なもの、楽に描けるものだけを描いていたら、前には進めないんじゃないかと思うんです。
 常に模索し、向上し続けること。難しいけれど、これはきっと必須なんじゃないかなあと。……一読者の立場で偉そうにあれこれ言うのも何ですが、一読者だからこそ、求めたいものがある。ということでご容赦下さいまし。

(巻末の作者コメント:こないだの地震で壊れたテレビのかわりに、新しいのを買うか迷ってます…)
 地震でテレビが壊れたって、いったいどんな被害が……! というか今はテレビ無しの生活なんでしょうか? アニメ「うえき」をどうやって観るのだ?。
41号「第19話・すっごく怪しい。」
2005年09月07日 (水) 22:44 | 編集
 たまには書店で買ってみるサンデー。きっちりシュリンクのかかった雑誌を買う快感。
 ちなみに仕事の用件帰りでした。残業が多めらしく、これが決まればちょいと忙しくなりますので、感想も短めになるかもしれません。
 結局は己のテンション次第というか、盛り上がり度次第って気もしますが。

 ともあれ、最近は隔週連載となってしまった「うえきの法則 プラス」。今週はしっかり掲載されており、なおかつ次号予告にもちゃんと入っていたので、まずは胸をなでおろしました。
 毎週読めるだけで幸せなのだー。合併号はともかく、突然の休載は悲しすぎるのだー。

 今週は前回(先週と言えない悲しさ……)から引き続いての、ヘアサロン漆黒との対決。
 バトルと呼ぶには微妙に緊張感が足りないかもしれないなあ、と思っていたら、ラスト近く、黒さを露呈したビャクの台詞と初めて見せた目――表情に度肝。
 か……格好良い。後述。

 無印でも中盤以降に見せていた、何段ものひっくり返しバトルが再来。マンガとしてあるべき、「次のページをめくったらどうなる?」という緊張感、めくった時の意外性を保っていて、なおかつじっくり読み返した時にも味わいがある。うむ、これが「うえき」の味ですね。
 見え見えの罠、罠と見抜いての仕掛け、さらに引っ掛け、そこに張られた罠、二重に仕組まれた引っ掛け。 しかもそれが成功しないってあたりが(笑)。
 というか土煙のせいで破られるって……ハイジのせい……?
 汚名挽回(間違いではなく)の機会ばかりが巡ってくるよハイジ……げほげほ。
 と、とにかく、途中に植木の能力の弱点だとか、修行していたこととか、細々とした説明や伏線も挿入されていてよいかんじ。

 ああそれと、ネクロマンの台詞で、「よほど互いに信頼しあってんだろうな。」というのがありましたが、これのおかげで前回のモヤモヤが払拭されました。
 ソラが、仲間の感情の動きまで使っての策略を練ったのも、底辺にはそれをしても大丈夫だという信頼があったからなのだ……と。
 なにげない台詞なんですが、このへんのアフターフォローがさりげなくもしっかりしているのは、本当に嬉しいです。読んでいて、裏切られないマンガ。それが、「うえきの法則」。

 あと、今回、ヘアサロン漆黒のメンバーがみんな可愛く見えて困った困った(ビャク除く)。トリート、ボンバの可愛さはもとより、ネクロマンも何だか憎めない、愛嬌のある性格&言動をしていて。根っからの悪人じゃない、ということをきちんと読み手に解らせてくれる。上手いです。

 で、問題のビャク。はっきりと「悪」な敵キャラへの道を歩いているのでしょうか?
 シロといい、あえて顔の造作が良いキャラをこういう役に持ってきて、表情や言動で性格の綾を出すのが、プラスになってからの特徴かもしれない。これも福地先生の挑戦のひとつなんでしょうか。
 奇抜すぎない、けれどちゃんとオリジナリティのあるデザインのキャラクターで、しかし性格の表出はあくまでも描写に因る。
 読み応えはここにあるわけです。

 それにしても、プラスになって敵キャラ美形率が上がっているのはどういうことか。シロ、ダヴィー。でもってビャク。まあ、ギンゾーちゃんみたいなナイスミドルもいらっしゃいますが。

 閑話休題。とにかくビャクの鋏を持っての「落ちろ!!!」は、表情といい、鋏を持った手といい(手を見るだけで悪逆を行おうとしていることが分かるのが凄く良い)、悔しいけど今週の独断と偏見によるベストショットはここだなーと。
 なんで悔しいのかって、ラストの植木のアップも凄く良い表情で、ときめいたから! ビャクの描写がなければ、久々の主人公目立ち話というのもあり、ここをベストショットにしたのにー。

 しかし植木の見せ場は、多分きっと来週に。
 仲間を救う……という、植木というキャラクターの行動の基幹に迫る、ひいては「プラス」全体のテーマにも関わる話に発展しそう、かな、と(個人的希望含む)。

(巻末の作者コメント:うえきの祭りに来てくれた方、ありがとーございました!楽しかったです!)
 これを読んで、行って良かったなあとしみじみ。行かずにこのコメントを見たら、きっと悔しくてしょうがなかったでしょうから。行って良かった……福地先生をナマで見ることが出来て(笑)良かった。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。