*peridot
「うえきの法則」全般(アニメ版/漫画版)の感想ブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うえきの法則」4巻
2005年04月16日 (土) 00:00 | 編集
 原作四巻感想。ここはまあ、軽く行こう。
 そうそう、三巻の文章ちょこっと修正しました。ついでに一?三巻の感想文に表紙キャラ等のデータを。
 ともあれ四巻、行きます。ネタバレ注意報。

表紙:植木・あい
総扉:植木・あい・鬼紋・フクスケ・黒影
目次:植木
巻末おまけ頁:さようなら オッサン ?最終回?
いろんな法則:漢字のテスト中にやたらキョロキョロしてる奴は教室のどこかに問題の漢字がないか探してる法則

第29話 勇者様現る!?
 またしても導入フクスケ。そして鬼山紋次郎、略して鬼紋登場。
 めっちゃおしゃれな植木に涙そうそう。
 鬼紋戦開始。

第30話 正々堂々!
 ここらから絵が壊滅的です。というか輪郭長すぎデス。何があったんだ福地君。いろいろと模索していたんだろうか。あおりを食ってか、キャラのデザインも微妙なものになっていて不憫。鬼紋は目指すものが村おこしの才ってあたり、結構いいキャラになる素地があったと思うんですが。
 鬼紋戦、続行中。

第31話 ガップリ四つ
 うーむ。鬼紋の回想シーンは正直、第30話のはいらなかった。と、この回での再度の回想シーンを見て思いました。大工さんいいよ大工さん。
 回避の才を使う鬼紋はカッコイイ。が、バトル自体は大味。
 鬼紋戦、続行中。

第32話 鬼紋の特訓
 鬼紋戦、決着。
 その後のあいちんとの会話で、初めて植木の怪我の治りが早すぎることに言及。うーん。
 ロベルト十団という言葉が初出、そんでもって付け焼刃特訓。しかし正直このへん暑苦しすぎて駄目です。てか君達、男泣きは安売りするもんじゃないんだよ。そこんとこ分かってるかー!?

第33話 再会と予兆
 マーガレット登場。
「とりあえず駅前の掃除でもするか!」って、植木、いい奴だなあ。
 まさかのB・J再登場。このへんのやりとりはとても楽しいです。しかし絵がなあ。ヘンすぎる。でもラストの巨大な影が壁に映っている絵は、ちょっとぞくっと来て良かった。

第34話 訪問者だらけ
 表紙のフクスケが可愛い。でも、でもね、今回以降フェードアウト、なんだよね。
 冒頭、あいちんによる植木の才確認。本気でろくな才が無いところが愛です。
 そしてあほすぎるB・Jがイイ。癒される。いきなり登場の黒影弟の、強引な恩返しもイイ。このへんのノリに、終盤のあほ展開の萌芽があるかも。
 黒影戦開始。

第35話 ”黒影の男”
 黒影の顔、人類とは思えない……。分身とか、黒影弟の過去話を聞いて立ち上がる植木とか、それなりに見せる場面はあるんですが(アニメのOPにもこの話から採用されてる場面が二つもあるしなあ)、いかんせん黒影の過去話がへっぽこ。あと登場人物達、泣きすぎですってば。
 黒影戦、続行中。

第36話 むくわれぬ正義
 タイトルはいいんですが、空回りの感。
 黒影戦中、ここまで、植木は「正義」って言葉を口にしていないのに、黒影がいきなり「君の正義なんて云々」とか言い出しているのは、明らかに構成ミスってる。
 想像でしかありませんが、黒影の話は、さんざんネームをいじり倒したんではないでしょうか。「正義」について一番ぐだぐだ言っているのもこの話だし。で、いじってる間に、煮詰まってしまったのではないか、と。そのへんは本来、編集者がフォローしてやるべき領域だと思うんだけどなー。
 黒影戦のキーであるはずの「むくわれようがむくわれなかろうが」という台詞も、論議の立脚点があやふやな為に、どうにも浮いてしまっている。うーん、勿体ない。
 しょうがないので、偽者のあいちんが殴れない植木(でもB・Jは平気で殴れる)あたりを見て、楽しんでおきましょう。
 黒影戦、続行中。そして地味にカムイ=ロッソ登場。

第37話 オキテ破り
 苦しい時のコバセン頼み。すいませんしっかり燃え萌えしましたとも。そして、読み返して気がついたけど、アニメOPのあの場面は三巻じゃなくてココなのかもしれない。植木ボロボロだし。
 閑話休題。結局、「見返りを求めない正義」についての話が、ここで「コバセンの正義を証明する」に変わってしまって見えるのが、最大の問題点。
 いま、変わってしまって見える、と書きましたが。
 植木の中では、コバセンの正義=見返りを求めない正義、ということに変換されてるっぽいので、決して唐突な前言翻しでは無いののではないかと。いずれにせよ空回っていますが……。
 しかし黒影のほうは明らかに突然すぎる前言撤回。うううううむ。
 ロッソの横槍で、黒影戦、決着。

第38話 こいつだけは…
 ロッソ戦開始かつ終了。って早いよ!
 エピローグ部分、黒影のほうの時間経過が明らかにおかしくなっています。なんだかなー。
 この直後にロベルト十団戦が実質の開幕となるので、取りあえずキリつけましたって感じ。
 絵柄は復調傾向にあって一安心。

 って気がつけば何でまたこんなに長くなっているんだー!?
 よろよろしつつ、続きはまたそのうちに。
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。