*peridot
「うえきの法則」全般(アニメ版/漫画版)の感想ブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うえきの祭り」行って来ました
2005年08月20日 (土) 20:06 | 編集
特製原画特典カード「植木耕助」
 気後れしまくりよろよろしまくりつつ、ひとり行って来ました。うえきの祭り@新宿NSビル。
 会場に到着したのはぴったり10:00くらいでしたが、ビルの前にはすでに行列が。サインはもとから諦めていたので、むしろ人の多さは歓迎したい気持ちでおりました。何人くらい居たんだろう?
 ちなみに、ざっと見たところ、大きいお姉さん四割、保護者つき小さいお友達(推定小学生以下)四割、カードゲーム愛好者っぽい若者二割ってところでしょうか?(保護者つきは保護者込みで)
 あ、これはごくごく乱暴で主観的な感想なんで、あまり真面目に取らないで下さいね?。女の子の場合、「お姉さん」と「お友達」の境界も難しいし。

 ともあれ入場と同時に引き換えコーナーに行って、任務完了。写真の通り、福地先生画のカードを入手して参りました。引き換え券二枚持って、ダメもとで「二枚いいですか?」と言ったら、しっかり貰うことが出来てほくほく。

 販売コーナーでは「うえきの法則 キーチェーンの法則」が先行販売? されていました。あとは先行販売含むカードダスと、無印&プラスのコミックス、サンデー37/38号、DVDとOP・ED(サイン入りDVDは瞬殺だった)、クリアファイル、クリアポスター。
 DVDとコミックス以外は早い時点で売り切れていた模様。DVDとCDを購入すると番宣ポスターが貰えたようで、微妙に羨ましかった既購入者のワタクシ。

 原画展示は、複製原画でちょっとガックリでした。それでも原寸大で福地先生のペンタッチを存分に見ることが出来たし、カラーは印刷に歪められていない本来の色がわかったしで、それなりに満足。しかし携帯で写真を撮っている人だらけで、ちょっとうんざり。気持ちはわかるけれど、じっくり鑑賞していると、邪魔そうに眉をひそめられるのが辛かった。

 PS2ゲームの試遊もしました。……うーん、これは……(もごもご)いかにもバンダイ、いかにもタイアップゲームなカホリがします。まあ、その、そういうことで。

 あとはまったりとステージ鑑賞。事情により13:00頃までしか居られなかったので、午前の部のみですが。
 川上とも子さんと山口勝平さんの生トークを見ました。おおかたの予想通り、山口勝平さんはヒデヨシ役で確定。川上とも子さんと一緒に、コミックス10巻P28のアテレコをしていたのですが、素晴らしくハマりまくりでした! いやーこれは登場が楽しみだー。そして、能登麻美子さん保志総一郎さん石田彰さんからのフィルムコメントが流され。アフレコ現場の話もちょろっと飛び出して、楽しかったであります。
 続いては鉄拳登場で、期待を裏切らず「こんなうえきはイヤだ」が(笑)。というか、最後のネタが洒落にならない代物で、思わず笑ってしまったですよ!
 正午からは、ステージ上で福地先生のサイン会。サインは貰えなかったけれど、生で福地先生を見ることが出来たので満足満足。
 って進行役のお姉さん、100人しか整理券貰っていない&追加の予定も無いんだから、サイン会開始ですよですよーと煽るのはやめてくださいな……。
 しかし鬼紋ファンとカミングアウトしていたので許します。うむ。
 サインはテンコとウールのどちらかを添えて描いて貰っていました。それに加えて、○○さんへ、と名前入り。ああ、ウラヤマシイウラメシイ。

 こんなところかな? 午後のステージに後ろ髪引かれつつ会場を後にしました。カードバトル大会のほうもちょっと見学したかったのですが、時間切れで。

 あっそうそう、最後に。キャラクターソングのCMと、29日放映ぶんの予告(つまり#22「犬丸の法則」の予告)が流れていました。キャラソンのジャケット絵が良すぎるのはどうしたものか!
 ともあれ、いずれもお嬢さん達の歓声が凄かったですよ。
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。