*peridot
「うえきの法則」全般(アニメ版/漫画版)の感想ブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/06までのサブタイトル
2006年01月25日 (水) 23:30 | 編集
 いつもどおりのネタバレ大盛りサブタイトル情報。

 今回は、某テレビガイド雑誌が、多分特番の休止日のサブタイトルを飛ばして掲載してしまった(らしい)ので、いつもより一週先まで判明しています。
 ただ、まあ仮題でしょうし、予定変更も有り得るかも……と、微妙に弱気に……。
 いや何だかどういう風に割り振られているのか、いまひとつ想像しにくいもので。

 あと、月刊テレビガイド雑誌を五誌くらいまとめて流し見したせいで、逆にサブタイそのものの記憶が曖昧になってしまったというのもあったりします(笑)。

 ではでは、超ネタバレどうぞ。

01/30 #44 植木・レベル2!の法則
02/06 #45 過去からの攻撃の法則
02/13  ※特番につき放映休止
02/20 #46 神と少女と未来の法則
02/27 #47 神になったアノンの法則
03/06 #48 第四次選考の法則
 心配されていた二月放映終了や四十八話での完結は無いということがはっきりとわかって、ほっと一息。

 しかしまた突然ゆっくりになったなあ。
 じっくりと描いてくれるのは嬉しいですが、間延びしちゃったりしませんようにと祈るのみです。
01/30までのサブタイトル
2005年12月21日 (水) 23:35 | 編集
 毎度おなじみ、ネタバレ大有り今後のサブタイトル予定でございます。

 年末年始、放映休止無しで突っ走るらしい「うえきの法則」。
 01/02は特番スタイルで、いくつかのアニメ番組が朝に同時放映される、その枠の中に組み込まれている模様です。
 若干情報が錯綜している様子でもありますが、ゆめゆめチェックを怠りませぬよう、皆様心して良きお正月をお迎えください。
 初笑いも初泣きも、「うえき」でどうぞ。なんつって。

 ……とか言いつつ、私は正月から帰省&旅行に出ますので、観ることが出来るのは一週間後になるのですが。
 ビデオ、無事に録画できますように……。

 では、行きます。
12/26 #39 閉ざされた心の法則
01/02 #40 素晴らしい「あい」の法則(AM09:30放映予定)
01/09 #41 本物と偽物の法則
01/16 #42 バロウチームの法則
01/23 #43 ぶりっ娘ポーズの法則
01/30 #44 植木・レベル2!の法則
 またこう、直球な……。
 いろいろ直球すぎて顎外れそうです。そして、案外スパスパと話は進むんだなあと。
 バロウチーム戦は実際、原作で割かれたページ数もそう多くは無いのですが、鈴子戦&佐野戦はサブタイにすらならないですかそうですか。

 とにかく気になるのは、全何話になるのかということ。それによって、最終回近辺の展開が分かるかな、と。
 日本シリーズや年末年始特番で潰れた週が一回も無いわけですから、単純に数字で割るなら全52話になるはずですが、さてはて。
12/19までのサブタイトル
2005年11月16日 (水) 21:31 | 編集
 ひさかたぶりに、書き出してみます。
 先月は日本シリーズの余波やらで、変更や未定が多かったので、あえて書きませんでした。
 もしも、万が一にも(いやだってほぼ自己満足なので)待っていた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんでした。

 今日確認できたのは、アニメ雑誌と、12/20までのTVガイド雑誌。TVガイド雑誌のほうは、結構な先行情報ゆえに、変更の可能性もありあり。

 そして、いつもの如く、ネタバレありますので、ご注意を。……と言っても、たいしたタイトルバレは無いかと思いますが。
 ネタバレエントリが二連続で、ごめんなさい。

11/21 #34 マリリンチームの法則
11/28 #35 はかったなあぁぁああ!の法則
12/05 #36 仲間の証明の法則
12/12 #37 神器の弱点の法則
12/19 #38 佐野・覚醒!!の法則
 ってちょっとオイオイ。マリリンチーム戦だけであと1?2話はあるはずじゃないかっ。
 トータル、6?7話使用!?
 物凄く丁寧にやってくれるんだなぁ……今日までの駆け足は、この日の為にあったのか。
 タイトルを見るだけで、楽しみすぎて熱が出そうです。
新オープニング・原作対応表
2005年11月15日 (火) 23:06 | 編集
 新オープニングは、旧オープニングにも増して原作からの引用シーンが多くなっています。
 九割以上が福地先生の絵、そのままの構図。

 これは、どこがどこなのか、原作既読派としては探しあてたいのも人情というもの。探す、というほど分かりにくい場面は、それほどありませんが。
 とりあえず、ずらずらと書き出して、一覧にしてみます。

 話題の性格上、原作未読の方には、かなり際どいネタバレギリギリ話になるかと思われます。
 一応、致命的なネタバレは避けたつもりですが、先入観を持たない為には、ご覧にならないほうが良いかと。
 どうぞ、ご注意下さいませ。

 引用元の間違い・勘違い、また該当の見当たらなかったカットについて、お分かりになる方いらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです。

 植木チーム 16巻/P3(総扉)
 草の上に寝転がる植木チーム 16巻/カバーイラスト
 植木の横顔 16巻/P169
 森あいの泣き顔 16巻/P162
 向日葵の中のヒデヨシ 該当無し?
 後ろ姿の佐野 15巻/P64 (情報提供:S・H様)
 後ろ姿のオドロ鈴子 14巻/P41
 踏み切りを飛び越える春子?若い頃の神様 15巻/P146
  ※タイトル※
 植木チーム 15巻/P169
 倒れるマリリン?落ちる首飾り 13巻/P178-179
 鉄に変えたてぬぐいで銃弾を防ぐ佐野 13巻/P53
 瓦礫の中に倒れた鈴子 16巻/P88
 横顔の森あいの泣き顔 16巻/P173
 粉塵の中で立ち尽くす森あい 16巻/P172
 アノン(ロベルト)と対峙する植木チーム 14巻/P48
 ポーズをつけた植木チーム 11巻/P80-81
 雨の中のバロウ 15巻/P106
 生きている神器 14巻/P120
 神器を平手打ちする鈴子 14巻/P130-131
 コワレ顔の植木・佐野・森・ヒデヨシ 14巻/P132
 メガネをぶちまける森あい 15巻/P18
 神様V.S.マーガレット 15巻/P160-165
 花鳥風月(セイクー)植木 該当無し?
 落下する森あい?受け止める植木 16巻/P94-99
 コバセン(?) 16巻/P120
 両手に木を巻きつけた植木 15巻/P90-91
 植木チーム 16巻/P171

 ほ……ほとんどが15?16巻……。
 それにしても凄まじい名場面集具合です。初っ端に、原作クライマックスのキモとなる植木&森のあの表情を持って来たのには参った。

 ああもう。このオープニングから引用して、終盤のバトルをやってくれるのなら。それに負けないくらいの気合いの入った作画&演出で、やってくれるのなら。
 アニメうえきに、思い残すことはありません。

 楽しみであり、同時に、怖いです。
 どうぞお願いしますスタッフの皆様……。
全員サービスドラマCD
2005年11月06日 (日) 17:34 | 編集
 はい、少年サンデー応募者全員サービス・聴くドラマCD[うえきの法則 ?新たなる能力者たちの法則?」(長いよ!)ですが、土曜日に無事届きました。
 感想などをつらつらと。
 キャストネタバレありますので、気になる方はお読みにならないようお願いします。

 長さは三十分。思ったよりもボリュームがありました。オープニング「Falco」とエンディング「Earthship」も(EDは台詞にかぶさりつつ)TVサイズで収録。

 ストーリーは、ドグラマンション後、佐野と鈴子の入院している病院にお見舞いに来た植木と森あい。そこへ乱入のB・Jが、偶然入手したカルパッチョの携帯電話に収録された、他の能力者たちのデータを披露する……といった感じ。
 ここで紹介されたのは、ヒデヨシ、マリリン、カプーショ、グラノ、李崩、バロウ。能力について(ほぼブラフ)と声を。

 マリリン(雪野五月さん)とバロウ(河原木志穂さん)は、これが初の声出しだったわけですが、個人的には可もなく不可もない印象でした。と言っても、なにしろ自己紹介っぽく一言か二言の台詞ですし、今後本編に登場してみないことには何とも。演じられていくうちにハマリ役と感じられるだろうという予感はします。
 河原木志穂さんの少年役ってのも、なかなかレアっぽくて良いですし。

 キャラクター紹介ものとして、普通に楽しめましたが、ちょっとB・Jの性格が変わっていたのがショックだったかなー。あいちんと鈴子にあんな台詞を吐くような奴ではなかったと思うんですが……。
 アニメ本編では出番の少ないキャラクターだし、しょうがないといえばしょうがないけれど。

 そのへんは置いておけば、ボケ+ツッコミの連続で、なかなかに楽しめるものでした。コストパフォーマンスを考えても、お得ではないかと思います。
 今から入手するにはちょいと面倒ですが、一度聴くだけの価値はあるのではないでしょうか。うむ。

【ドラマCDスタッフ】
監督:わたなべひろし
脚本:川瀬敏文
アフレコ監督:井上和彦
録音監督:はたしょうじ
音響効果:小林直人
録音助手:藤村聡
音楽:多田彰文
ジャケットイラスト:田頭しのぶ

【ドラマCDキャスト】
植木耕助:朴璐美
森あい:川上とも子
佐野清一郎:保志総一郎
鈴子・ジェラード:能登麻美子
テンコ:斎藤千和
B・J:谷山紀章
ロベルト・ハイドン:斎賀みつき
宗屋ヒデヨシ:山口勝平
マリリン・キャリー:雪野五月
カプーショ:浅川悠
グラノ:千葉一伸
李崩:子安武人
バロウ・エシャロット:河原木志穂
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。